教育パパと娘の奮闘記

英検 財テク 英才教育 資格取得などなど

中小企業診断士 一発合格 体験記⑦ 経営法務対策編

 
○経営法務対策

本試験の概要。
・問題数25問。一問あたり4点。
・科目合格率8%~20%程度で推移。
会社法約36点、知的財産法約36点、その他知識(時事問題)約28点。

本試験の特徴
・経営法務合格率は乱高下があるものの、科目合格者が比較的15%程度になるように作成されています。
・重箱の隅をつつくような問題が20点程度でますが、80点はどの年度も到達するように作成されています。
・試験直前までの法改正の問題が出題されるため、基本テキストだけでは、法改正に対応できません。
・世間をにぎわすような事件が起こると、それに関連した問題がでるのが特徴です。

本試験対策。
・多くの問題にあたる必要があります。
中小企業診断士向けの問題集を中心に学習し、アウトプット中心の学習が効果的です。
・極論を言えば、問題集と問題集の解説をしっかりやれば、基本テキスト不要です。
・過去問はあまり入念にやる必要はありませんが、問題の作成には一定の法則があるので、その法則をつかむ意味では 過去問をやる意味はあります。


基本テキストの位置づけ
・通読して出題の内容を把握する。
・インプット学習はあまり重要視しない。

やるべきこと。
最重要 スピード問題集。(完璧にする必要があります。)
重要 新聞を読むこと。

やらないこと。
・法改正に対応していない解説がかかれている過去問。

以下テキスト。クリックするとアマゾンに飛びます。アマゾンのクチコミも参考にしてください。
スピード問題集は必ず完璧にやってください。これだけでも合格水準に到達します。



基本テキストは斜め読みで十分です。



過去問は法改正に対応しているTACを使用してください。