教育パパと娘の奮闘記

英検 財テク 英才教育 資格取得などなど

中小企業診断士 一発合格体験記 ⑩ 2次試験対策 総論

2次試験の学習は過去問のみ行いました。

○各事例の共通の解き方。
1.与件分の第一段落を読み、業種と事業規模を確認します。
2.設問をさっと目を通して、何について聞かれているか確認します。
3.設問で聞かれていることを注意しながら、与件分をSWOT分析をします。
4.解答は、与件分を利用して書きます。
5.各事例のテーマから外さないように書く。
6.40~60字で一つのこと書く。120字なら2つ書く。
7.具体的にかけの設問の場合、解答でイメージが湧くように書く。具体的な内容がかけないときは、抽象的な言葉でも、文章表現を気をつけて、多くのことを羅列せずに相手に伝わるように書く。

ポイント。
1.わざわざ文に着目する。だらだらと説明が長く書いてあることは、着目して!の合図です。
2.与件文及び設問から、現状を把握。将来はどんな事業展開なのかを意識する。
 *特に、設問を先に読み、出題者の意図を把握する。設問も文章量が多く、わざわざ文があり将来の事業展開を記載し  ていることが多い。
3.設問文、自分の解答の述語を意識する。
 設問:○○の要因は何か? 解答:要因は○○である。
   :○○の課題は何か?   :課題は解決すべき表現で書く「○○すること。」
   :○○の問題は何か?   :問題は弱点であり、述語は否定的な表現にする。「○○ができないこと。」
   :○○を挙げよ      :○○、○○と箇条書きスタイル
   :○○の特徴は何か?   :特徴的な「強み」か「弱み」の両方が答えになる。
   :○○の影響は何か?   :良い影響、悪い影響の両方が答えになる。 
4.解答の字数は絶対にオーバーしない。文字数が2文字程度少ないのOKだが、基本はぴったりの字数にする。
 句読点で調節する。

2次試験の解答の作法は村井メソッドを参考にしました。
採点者が何人いるか分かりませんが、採点しやすい文章を書くことが望ましいと思います。